『宇宙のモノサシ・社会のモノサシ』

世の中には、宇宙の理で捉え易い事と、人間の都合で決まっている理で捉え易い事が同居しています。
どちらかが善でも悪でもなく、正誤も上下もありません。
けれども、なにを語るときであっても、それがどんなモノサシの、どのあたりで語ろうとしているのかをよく意識しないと、ややこしくなることがあります。
このブログは、自分たちの周りに存在しているややこしいことを整理整頓するための場所。「モノサシ」としたのは、「理」ほどかっちりさせず、ゆるやかに物事を捉えるため。(モノサシが湾曲することも、伸縮することもあるかもしれない。)
 
『宇宙のモノサシ・社会のモノサシ』の図は、「Skinner Waltzの現時点の視点」を感覚的に図式化したものです。
わたしたち自身この「宇宙のモノサシ」と「社会のモノサシ」の間を往き来して、「自分のモノサシ」を探っています。
ブログをご覧下さっている皆さんにも、このブログを旅するようにあちこち行き来して、「自分のモノサシ」を見つけていただけたらと思っています。
私たちのブログが、「現実社会を生きていくうえでのヒント」になることができれば幸いです。
 
『宇宙のモノサシ』…生きていく上で大切だけれど見逃されがち、価値が曖昧な尺度
ex) 宇宙、アート、自然、幼い子供の視点、こころなど。

真ん中にあるもの…生きていく上で大切で問題にもなりやすい、価値は曖昧な尺度
ex) 宗教(原始宗教とか)、哲学、文化、人間(関係)など。

『社会のモノサシ』…社会生活を営む上で必要不可欠とされている、価値がはっきり数値化しやすい尺度
ex)お金、仕事、経済、おとなの視点、など。

アートはここを横断しているイメージ。

わたしに「ちょうど良いもの」を。

          furnitur

自然への返礼

  ひとには、それぞれ全く無理をしないカタチで与えられているものがある、とよく思う。例えば「

「自己表現」という言葉について。

ふだんから「何を表現しているのですか?」「自己表現できていいですね」と言っていただく。言っている意

オリジナル?

  2018.4.30の日記。   オリジナルってなに?   固有っ

「自分の絵を描け」だと?

「自分の絵を描け」とかいうけれど、そもそも「自分」なんて毎日変わるし変わらない自分、みたいなものが

わかりそうでわからないこと。

2018.11.6の日記    今日、寝る前の、長女とのやりとりを記しておきた

絵を描くことと、人の生き方。

絵を描いていると、最初に「こうしよう」と思っていたイメージから全く別のアイデアが浮かんでくる、別の

  1. 2
  2. 3
  3. 4