『宇宙のモノサシ・社会のモノサシ』

世の中には、宇宙の理で捉え易い事と、人間の都合で決まっている理で捉え易い事が同居しています。
どちらかが善でも悪でもなく、正誤も上下もありません。
けれども、なにを語るときであっても、それがどんなモノサシの、どのあたりで語ろうとしているのかをよく意識しないと、ややこしくなることがあります。
このブログは、自分たちの周りに存在しているややこしいことを整理整頓するための場所。「モノサシ」としたのは、「理」ほどかっちりさせず、ゆるやかに物事を捉えるため。(モノサシが湾曲することも、伸縮することもあるかもしれない。)
 
『宇宙のモノサシ・社会のモノサシ』の図は、「Skinner Waltzの現時点の視点」を感覚的に図式化したものです。
わたしたち自身この「宇宙のモノサシ」と「社会のモノサシ」の間を往き来して、「自分のモノサシ」を探っています。
ブログをご覧下さっている皆さんにも、このブログを旅するようにあちこち行き来して、「自分のモノサシ」を見つけていただけたらと思っています。
私たちのブログが、「現実社会を生きていくうえでのヒント」になることができれば幸いです。
 
『宇宙のモノサシ』…生きていく上で大切だけれど見逃されがち、価値が曖昧な尺度
ex) 宇宙、アート、自然、幼い子供の視点、こころなど。

真ん中にあるもの…生きていく上で大切で問題にもなりやすい、価値は曖昧な尺度
ex) 宗教(原始宗教とか)、哲学、文化、人間(関係)など。

『社会のモノサシ』…社会生活を営む上で必要不可欠とされている、価値がはっきり数値化しやすい尺度
ex)お金、仕事、経済、おとなの視点、など。

アートはここを横断しているイメージ。

そうじゃない案件

世界中にいる素敵な作品を作るひと、尊敬しているひと、がみんな同じようなことを言っていたとする。

予測とイメージの枠の外へ。

2017.4.19 の日記より     明日のために、 すこしだけとっかかりをつ

古いのはわたしのアタマだった。

自分の作品が古いなーと思っているのに、それを変えられないことでずっと、悩んでいた。 

グァテマラのマリアとの記憶

2018.8.22の日記より     わたしのおもうアートは artの原義にちか

絵には時間がかかる

100枚描いて「いいな」と思えるのは一枚くらいだ。向いてないし、上手くもない。めんどくさいし、手は

届かない言葉。

とある宴会で、言葉だけが完全に上滑りしている子供(女子高生)に出会った。   「友達な

わたしの1は、彼女の2。

2018.7.27の日記  1 or 2最近、一と二について考えている。末の娘の髪を

ツバメの巣は新築か増築か?

5月くらいになるとツバメが飛んでいるのをよく目撃する。駅の構内やスーパーの軒下に巣を作っていて、ヒ

初潮を迎えたきれいなわたし。

2020.1.18 昨日の事。すごくほっとすることがあったので書き留めておく。 長女が

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4